現金化大辞典

今注目の人気現金化業者をランキング形式で徹底解説!

スマホの充電トラブルの対策法について

今では小学生も持ち、全世界で普及しているスマホ。 キャリア決済での現金化にも欠かせないスマホですがその肝心のスマホが充電できなくなり動かせない!というトラブルが起きたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は充電がされなくなってしまった場合の原因と対策をご紹介いたします。

 目次

バッテリーが補充できない時は充電ができない場合と増えない場合がある

充電できないときの対処法

充電が増えないときの対処法

まとめポイント

 

バッテリーが補充できない時は充電ができない場合と増えない場合がある

スマートフォンのバッテリーに不具合が出ている場合には充電が「できない」ケースと充電が「増えない」ケースの2パターンがあります。それぞれ以下のように見分けることができるため自分のスマホの状態を把握し対処法を試しましょう。

充電ができない場合

充電自体ができない場合は「充電ランプが灯らない」「画面のバッテリーマークが充電中の表記にならない」

充電が増えない場合

充電は行われているのに充電が増えない場合は「充電ランプが点灯しているのにバッテリー残量が増えない」「充電にかかる時間が異様に長い」「充電しているのに徐々にバッテリー残量が減っていく」

充電できないときの対処法

充電ケーブルの不具合

ケーブルをかたす際に結びがきつすぎたり雑において何かにつぶされるなどをするとケーブルないが断線してしまいます。また、差し込み口がゴミや汚れでつまりをおこしたばあい接触不良で充電が行えない場合があります。

 前者は新しいケーブルの購入、後者はケーブルの清掃を行いましょう。

スマホがフリーズしてる

スマホがフリーズしてしまうと充電が行われない場合があります。フリーズが起きた場合はスマホの再起動を試してみましょう。

MFi認証取得していないケーブルを利用している

iPhoneユーザーでMFi認証を取得していないケーブルを使用した場合正しく充電がされないケースがあります。

※MFi認証はapple社が定めた性能基準を満たしている証明です。この認証がある製品には「Made For iPhone/iPad/iPod(MFi)」の表記があります。

さらにそれまで使用できていた未認証のケーブルもOSアップデートにより仕様ができなくなる場合などがあります。このような場合は認証が下りている製品を用意し再度充電を試してみましょう。

OSが原因で不具合が生じている

OSが原因で不具合が生じる場合があります。そういった際は最新のバージョンにアップデートするとにより問題が解消します。

アンドロイドのOS更新方法

iOSの更新方法

スマホ本体が熱を発している

スマホは本体温度が高くなりすぎると充電を停止する機能が備わっています。 こういった際は本体の温度が一定まで下がるまで充電を再開できません。 ですが温度を下げるためといって冷蔵庫に入れるなど急激な温度変化を起こしてはいけません。 急激な温度変化により本体内部に結露が発生すると水濡れによる故障を起こす可能性があるためです。 よって本体温度が高くなった際は使用しているアプリケーションの終了や電源のオフで自然に温度を下げましょう。

バッテリーの放電

バッテリーの残量が0%のまま放置し続けると過放電という状態になります。 これは車などでいうバッテリーがあがった状態と同様になりケーブルをつなげても電気を通してくれなくなります。 こういった場合は何時間か充電を試みてみましょうある程度の時間充電を試みても充電が開始されない場合はバッテリー自体に寿命が来ているため交換をしましょう。

バッテリーを使い切ってから充電している

昔の携帯はバッテリーを使い切ってから充電を行う方がいいとされてきていました。 ですが昨今のスマホに使用されているバッテリーは使い切ると大きく負担がかかってしまいます。 ですのでバッテリー残量を20%ほど残した状態で行うことが奨められています。

充電が増えないときの対処法

バッテリーを大きく使うアプリを使用しながら充電をする

稼働するにあたり容量を大幅に使うゲームやアプリを起動しながら充電を行うとバッテリーに大きい負荷がかかります。充電自体も進まずバッテリーが傷んでしまうため充電中はなるべくスマホを休ませましょう。

・GPS、Wi-Fi、BluetoothなどがONになっている

GPS、Wi-Fi、Bluetoothの機能がONになっていると常にきのうが動作しバッテリーの消費を助長します。特にWi-FiとGPSは常に接続先の検索とGPS情報を利用するシステムの作動を行ってしまうためできる限り必要のある時以外はOFFにするように心がけましょう。

充電器そのものの出力が弱い

充電のスピードは充電器の出力電流の大きさによって変わります。さらに急速充電を行えるスマホなどは逆に急速充電用の充電器でなければ充電スピードが落ちる場合があります。ケーブルについても長いものは便利ではあるものの長ければ長いほど電流の低下を招き充電スピードが落ちてしまいます。利用しているスマホに対して適切な充電器を選び利用しましょう。

充電器自体が破損している

充電器自体に破損などの不具合、故障が発生した際にも充電スピードが落ちる場合があります。充電が遅いと感じた際にその時使用しているものと違う充電器を利用してみて正常に充電されていけば充電器にトラブルが起きています。そのまま別の充電器を利用するか、元の充電器のトラブルの原因を取り除きましょう。

まとめポイント

今回はスマートフォンの充電トラブルについての原因と対策をご紹介いたしました。
ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いなどを利用して行うキャリア決済現金化にはスマホは必須。
肝心のスマホが動かなくなるようなことがあれば行いたいときに現金化が行えません。スマホの状態をいつも万全にして急な出費などの際は現金化を利用してみましょう。