現金化大辞典

今注目の人気現金化業者をランキング形式で徹底解説!

携帯キャリアでの現金化について

携帯キャリアで決済ができる携帯会社は現在、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアです。携帯料金合算払いで顧客の利用年数や利用状況に応じて利用限度額が違いますが、携帯サイトのオンラインショップなどで買い物ができる便利なサービスのことです。
以前はクレジットカードのショッピング枠を使って商品を購入し、その商品を売ってから現金にするのが主流でした。最近ではクレジットカードを持たなくても手軽にキャリア決済を利用することができるようになり、各電子ギフト券(Amazon・iTunes・Googleplay・Nintendo・playstation)等を購入したものを専門の買取り業者へ買取り依頼してもらい、現金化する方法が増えてきました。次の項目では、購入方法について説明していきます。

携帯現金化の仕組みとは?

先ほども説明したとおり、携帯キャリアの利用枠を使って現金化するには各携帯キャリアのショッピングサイトなどで販売されています。キャリア毎に購入できるギフト券は異なります。まずは、自身のキャリアで購入可能なギフト券をサイトで確認するところから始めみまましょう。最終的に商品を売って現金化するには、電子ギフト券専門の買取り業者を利用するのが安心です。

キャリア決済の限度額について

・ドコモケータイ払い

【毎月利用できる限度額】
契約期間:~ 3か月上限  10,000円 
     ~24か月上限  50,000円
25か月上限 100,000円
    未成年者は上限  10,000円 
※利用状況によっては利用できる金額が変更になる場合がございます。

・auかんたん決済
【契約者の年齢について】
  ~12才: 1,500円
13才~17才:10,000円
18才~19才:20,000円
20才以上~:100,000円

・ソフトバンクまとめ支払い 
【使用できる年齢制限について】  
 ~11才: 2,000円
12~19才: 20,000円
20才以上~:100,000円
※ソフトバンクでは利用者の年齢に基づいて使用上限を設定されています。
登録した生年月日から計算されています。

終わりに

キャリア決済はとても便利なサービスですが、使いすぎには十分に注意しなければなりません。翌月の支払いにときに電話料金合算払いになるので万が一、支払いが滞ってしまった場合はこのサービスは利用できなくなったり、支払いが遅れることが度々あると、限度額を減らされたりしますので、利用は計画的に考えて利用しましょう。